虎渓寺

資料請求・お問い合わせ

年忌法要とは

年忌法要とは、故人の祥月命日に行う法要のことです。

死後1年後に一周忌を行い、その翌年すなわち足掛け3年目に3回忌を、以後7・13・33の各年の命日に年忌法要を営みます。

中陰忌法要と年忌法要

人が死後、次の生命を得るまでの間を中陰といい、その期間は命日の前日より数えて77日(四十九日)です。
この間に読経の功徳により故人ができる限り良い次の生処を得られるように祈願する法要を中陰忌の法要といい四十九日の忌明け(満中陰)まで七日ごとに営む。(葬儀の翌日を開蓮忌といい、この日も法要を営むこともあります。)

年忌法要一覧

  • 初七日
  • 二七日
  • 三七日
  • 四七日
  • 五七日
  • 六七日
  • 七七日
  • 百ヶ日
  • 一周忌
  • 三回忌
  • 七回忌
  • 十三回忌
  • 三十三回忌
  • 五十回忌