虎渓寺

資料請求・お問い合わせ

永代供養墓と合祀について

合祀(ごうし)とは、永代供養墓(合同墓)に複数の霊(お骨)を入れることです。合葬とも言われています。

すでに祀られている他のお骨と一緒に祀られる、つまり混ざり合ってしまうため、合祀の後は特定のお骨だけを取り出すことはできなくなります。

一方で、他の遺骨と一緒に、お寺が供養してくれるといったメリットがあります。

合祀はよく考えてから

上記のように、他の遺骨と一緒に祀られるということ、また、永い年忌法要の中で、遺族が供養の方針を変えたいと思われることもあるでしょう。ですので合祀はよく考えてから行いましょう。

佐賀県多久市にある虎渓寺では、合祀できる合同墓がございますが、ご希望ならば合同墓の中で遺骨を別々に分けることも可能ですので、一旦納骨されて、時間の経過とともにお決めいただくことも可能です。