虎渓寺

資料請求・お問い合わせ

虎渓寺のこと

佐賀県多久市にある禅宗寺院、虎渓寺について

鎌倉時代創建
700年以上の歴史を持つ禅宗寺院

日本の禅宗には臨済宗・曹洞宗・黄檗宗の三宗があり、虎渓寺は臨済宗に属する禅寺です。臨済宗とは坐禅(座禅)や禅問答をする宗派で、とんち話で有名な、あの一休さんも室町時代に実在した臨済宗の和尚さんです。

その臨済宗は更に14派に分けられますが、これらは全て並列の関係で14派の大本山(総本山ではありません)が日本各地にあります。そのひとつ天皇家ゆかりの名刹、京都の南禅寺を大本山とするのが「臨済宗南禅寺派 慈音山 虎渓寺」です。虎渓寺は田舎の小さなお寺ですが、静かで眺めの良い場所に700年以上の歴史をつないできました。

虎渓寺

虎渓寺歴代住職

  • 開山 石庵旨明禅師大和尚(1312年4月2日示寂)
  • 二世 梅雲貞和尚禅師
  • 三世 龍山琮和尚禅師
  • 四世 義道和尚大禅師
  • 五世 澤隠甫和尚禅師
  • 六世 東雲白和尚禅師
  • 七世 正宗大機善和尚禅師
  • 八世 羪山禅育首座禅師
  • 九世 徳英知秀首座禅師
  • 十世 渕室黙和尚禅師
  • 十一世 仁叟義和尚禅師
  • 十二世 冷岩調和尚禅師
  • 十三世 要山忍和尚禅師
  • 十四世 超州逸和尚禅師
  • 十五世 義峯元大和尚禅師
  • 十六世 翠山定和尚禅師
  • 十七世 渓道義康和尚
  • 十八世 慈範義將和尚(現住職)

無住職時代もあるが、近隣寺院のご住職が兼務され歴史をつなぐ。

御経会(おきょうえ)
毎年4月8日開催。お釈迦さまのお誕生日を祝う降誕会(ごうたんえ)、合同法要、塔婆供養、法話などが行われます。
施餓鬼会(せがきえ)
毎年8月8日開催。餓鬼道に堕ちた餓鬼に食事を施し、無縁仏や供養されず非業の死を遂げた者の霊を供養するのが施餓鬼会です。初盆を迎える方を特にお祀りし合同法要を行います。
坐禅会
日 時:毎月第3土曜日 15:00~16:00
① 坐禅(基本は5分・10分・20分の3回坐ります)
② 茶話会・お悩み相談等
参加費:お賽銭
対象者:小学生から大人まで誰でも(小学3年生以下は保護者同伴でお願いします)
※お休み等の情報は、ホームページの「お知らせ」をご覧ください。
※坐禅しやすい楽な服装でご来寺ください。

アクセス

東京(成田空港) ⇒ 佐賀空港(春秋航空では片道数千円程)
佐賀空港 ⇒ 虎渓寺 車で約45分

博多駅 ⇒ 肥前山口駅 JR特急で45分
肥前山口駅 ⇒ 虎渓寺 車で約15分

福岡市内 ⇒ 虎渓寺 高速道路で約1時間
長崎自動車道多久IC ⇒ 虎渓寺 車で約5分
※カーナビ検索で苔安寺と表示される機種があるようですが、場所は間違っていません。
ご相談でご来寺の際は、事前連絡をお願いいたします。